霹靂一閃! 鬼滅の刃 第12話の感想

霹靂一閃! 鬼滅の刃 第12話の感想

新しいサムスピの一閃みたいなカット。

誰だ、善逸ウザいっつった奴。打ち切りを救った男だぞ(多分

人気投票2位だぞ。禰豆子に勝ってんだぞ。

しかも約束のネバーランドでは29位だぞ。

 

眠りの善逸

ヘタレからの瞬殺。

――の前に舌を斬ってるんだけど、スローで見ないと見逃しちゃいがち。斬る時の刃の軌跡も一瞬だけど映ってた。細かいね。いいと思う。

 

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

 

カッコ良すぎた。

見せ方がお上手。疾さ演出って難しいのにね。

 

名言

「長男だから我慢できたけど次男だったら我慢できなかった」

長男万能説。ワートリのラグビーに通じるものがあるな。

 

まとめ

鬼滅のギャグパート、嫌う人もいるが個人的には好き。むしろこれがあるから見れる。むしろ善逸とギャグで打ち切りを回避したといっても過言ではない。いやほんとほんと。

でも展開的には都合が良すぎたかな。善逸から始まって、猪突猛進から炭治郎まで、敵の登場が都合良すぎ。少年漫画かよ。いや少年漫画だけども。

絵的には戦闘シーンが相変わらず素晴らしい。映画って言われても納得のクオリティ。善逸のもそうだが、回転部屋と炭治郎の動きもイカしてた。

 

 

獣の呼吸はエフェクトなかったね。『呉鉤十字』みたいなやつ。