【人類最強の初恋/西尾維新】哀川潤の魅力

【人類最強の初恋/西尾維新】哀川潤の魅力
愛してくれたら死んでもいいぜ。
孤高の赤、哀川潤。

 

最強シリーズとしては1作目。
哀川潤視点の良さが発揮された一冊。
ヒューレット准教授との対談も良かった。評判が過大評価ではなかった。彼の発言だけでも十分に価値がある。

 

人類最強の初恋

戯言遣いの名前が出ただけでちょっと盛り上がる不思議。

玖渚ちんの子供とかも唐突に話題に上がっていろんな意味でサプライズである。
とまあ本筋じゃないところが面白かったエピソード。

オチが弱かったってわけでもないけど、宇宙人はなぁ。
ヒューレット准教授を支持すべき気もするんだけど、それだと東京にクレーターが生まれた理由に説明がつかない。
その辺りのことは、ヒューレット准教授はどう捉えているんだろう。
宇宙人以外の何かでクレーターが出来たという考えははたして論理的なのか。

とろみちゃん、他3名が新キャラとして登場するんだけど、結局絵にもなってないヒューレット准教授の方が存在感あったな。
哀川潤との会話には共感すべきところが多々あった。
大抵の人間は『行動』することが『目的』であり、持ってる者(特権階級)だけが『目的』のために『行動』できる。
これは真理かも。弱者は目的無いでしょ。それどころか下手すると目的を持って生きている人の足を引っ張るだけの存在に成り下がっちゃう。

他人に期待し過ぎるってくだりも納得。強者の癖。強い人ほど他人に厳しい(優しい)。
2人の会話だけはたまに思い出せるようにしておきたい。

人類最強の失恋

ちょっと分かり辛いお話。
月でのやり取りが想像し難いというか、結局会話パートなんだよな、面白いところは。
後は懐かしい名前とか。出夢くんの名前とか、出るだけでテンション上がる。

とろみがちょっとかわいかったかもね。
初恋の時点でそういう挙動はあったけど、哀川潤の被害者の会のなかでも素質があるほうだ。
あと彼女自身がエリートというのがこれまた面白いんだな。
とろみの意見は結構鋭くて、それでいて一般人の視点に近い。最高のワトソン役。

怒らないように進言するくだりなど最高で、ソレを言えるキャラクターはそうはいない。
まして我が身に危険が迫っている状況で。

エピソード的には月を破壊すると地球も終わるってネタをやりたかったのかなーと。
ギミックが先にあって後から話が構築されたように思える。
しかし月を破壊しても、万有引力的にはそれぞれが引き合うような気がするけどね。破壊してもバラバラになったとしても、バラバラになったモノがまた集まる。

まとめ

総じて読み返しても楽しめる1冊だった。
何より人類にハブられてる人類最強って出だしが面白い。
世界規模のイジメとか新し過ぎるっしょ。

時系列とかを考えるのも面白い。
戯言、人間シリーズを読み返したくなる1冊でもあった。

 

 

 

 

講談社・人類最強の初恋/西尾維新、竹